--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007-12-05(Wed)

ダイヤのA77話 シャイニング一郎

<<先週のあらすじ>>
クソレフト←御幸

球場前でランニングをする市大三校、練習熱心なのは良い事だ。主将も出てきたし、次の相手は順当に市大三で確定でしょうかね
しかし丹波さんを心配する真中さんが萌えるやね、下の名前で呼んでるのもポイント高し
今年の冬コミのトレンドは真中×丹波で決まりですね。そうだろっ‥!板倉っ‥‥!
却下

どうやら打たれたものの大崩れせずに持ち直した降谷を見て、楊の評価が少し向上した模様。最終的に降谷を認めるフラグが立ったか?
そして今日最も輝いていた人
20071205133605.jpg
「一杯いっとく?」
降谷をハゲます丹波さん
20071205133605_20071208122807.jpg
「打たれても気にするな、全責任を御幸に押しつけて開き直ればいい。心配ない、痛みはやがて快感に…」
御幸2
「変な事教えこまないでください」

流石炎上常習犯エースの言葉は重みが違うねえ。
まあこうやって軽口が叩けるのも御幸とのわだかまりが解消された証拠。ともかく久しぶりに男前な丹波さんが見れて満足です

一回の裏、青道の攻撃。マウンド上でも何かを呟いている楊、対する倉持は楊のフィールディングに阻まれバント失敗。流石青道のスピードキングといったところか、カマセの
どうやら投球のサインも楊が出しているようで。どうもキャッチャー関口の扱いが小さいと思ったらやはりか…
そして「ちょっといぢめるから」と何故かシマリスくん語で登場する鬼畜王・小湊亮介、ネチネチと粘って球数を稼ぎます。「亮介いいぞー!こーゆー事はもっとどんどんやれーー!!」(by観客)
が、楊のコントロールの良さに審判の判定が甘くなり、見逃し三振。黒士館戦でも沢村のコントロールの印象の悪さに判定が辛くなるという事例がありましたが、今回はその逆のパターンか

純さんに回る所でヒキという事は、そろそろ自動アウトキャラから脱出できる機会が回ってきたのか?
まあ今までのパターンからして来週冒頭でサクッと片付けられてるかもしれませんが…

…ところでこの漫画の主人公って誰でしたっけ(1コマに出番減ってんじゃねーか!)
スポンサーサイト

comment form

管理者にだけメッセージを送る

comment

元バッテリー?

古い記事からこんにちは!
実は私以前から思っていたのですが、丹波さんと雅さんってバッテリー組んでいたりしませんかね?
8巻で丹波さんが怪我をした時の雅さんの様子で思ったんですけど・・
それとちょっと思ったこと
ピッチャーがサインを出すのは別にいいけど、それだとサインが見破られる可能性がありませんかね?

コメントありがとうございます
>nana さん
雅さんと丹波さんが元バッテリー…
なるほど、その関係は思い付きませんでした
確かにあの心配ようを見ると、何らかの形で親交があってもおかしくはないですね
投手のサインは捕手のリードがおぼつかない時などに出す事があるようですが
やはり盗まれた時の危険度は、普通に捕手がサインを出す時より高いとの事です。特に楊は投球の組み立てが命の投手ですから尚更
まあ向こうもそのリスクは承知の上でしょうから、そう簡単には尻尾を掴ませないとは思いますけど
やはりここはベンチのクリス先輩に解析を…
プロフィール

179

Author:179
生物学上は雄。
2ch脳かつニコ厨とどっぷりとネットの沼に飲み込まれている中毒患者です。
最近はニコ・pixivで地味に活動中。
お陰で完全に放置状態で申し訳ないです。

トラバ、リンクは誰でもウェルカム。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。