FC2ブログ
--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007-12-02(Sun)

ダイヤのA・キャラ辞典15(桐生)

○松本隆広

いかにもといった風貌の狸親父。割と顔に出るタイプ
最初は哲さんにビビったり少し小物っぽくもあったが、試合が進むにつれて、放心状態だった館さんを一言で立ち直らせたり、適格な采配を示すことで貫禄を見せつけた。
流石に準優勝校監督の名は伊達じゃないってことか

初登場:第44話「試練」

○館広美(投手)

その某パンタローネ様の如きステキな笑顔で、僕達を魅了してくれた桐生のアイドル
その中身は試合を楽しむ純粋な心を持つ、ちょっぴりシャイな野球少年。人を見掛けで判断してはいけません
甲子園準優勝校、それも強打のチームでのエースで四番は怪物と言ってもいいかもしれない、いや顔の事じゃなくて(もちろん準優勝時のチームとは戦力が変わっているだろうが)
亮介の球数稼ぎも物ともせず、回を追うごとに球威を増すタフネスぶりも武器の一つか
球速は不明、変化球も判明しているのはスライダーのみ(流石に一つだけってことはないだろう)。能力にまだ不明瞭な部分があるのは、再戦を考えてのことだろうか?
桐生は去年の甲子園出場校、と言う事はもし館さんが登板していたとしたら、あのご尊顔が電波に乗ってお茶の間に届いたのか…放送事故だろ

初登場:第45話「秘蔵っ子」
○柴田京平

補欠キャプテン。女子マネ陣を、花沢さん(仮)も含めて「全員カワイイ」と言ってのける剛の者
哲さんがプレーでチームを引っ張るタイプなら、こちらは持ち前の明るさで引っ張るタイプか
実質登場したのは3コマ程度。次に出てくる時には実際にプレーをする姿が見たいところ

初登場:第48話「魔球」

○村田

8番打者。右打。沢村の球筋に戸惑いつつも内野安打を打つ
盗塁のサインを出されていたことから見ると、足の速い選手のようだ

登場回:第50話「クリス直伝」

○捕手

三年。右投。そばかすが特徴。本場のノリツッコミを披露
御幸をして「相手のリードをよく見ておけ」と言われていた、なかなか優秀な捕手
再戦する機会があれば名前が明らかになるだろうか

登場回:第51話「ひょうひょうと」
スポンサーサイト

comment form

管理者にだけメッセージを送る

comment

プロフィール

179

Author:179
生物学上は雄。
2ch脳かつニコ厨とどっぷりとネットの沼に飲み込まれている中毒患者です。
最近はニコ・pixivで地味に活動中。
お陰で完全に放置状態で申し訳ないです。

トラバ、リンクは誰でもウェルカム。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。