FC2ブログ
--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007-12-01(Sat)

ダイヤのA・キャラ辞典14(黒士館)

○財前直行(投手)

初めてまともに描かれた他校の選手(真中さんはあの時点ではただのやられ役だったし…)
初登場時の表情の凶悪さや発言はまさに悪党そのもので、「遂にダイヤにも悪役が!」と各所で波紋を呼んだが、その数週間後、コイツに泣かされることになるとは誰も想像だにしなかったのであった
「俺は…まだやれる、まだやれるんだ」からの一連の流れは作中屈指の名シーンだと思う
彼のクリスに対する「ポンコツ」「もう終わってんだよ」などの発言は、後々見返すと自分自身に言っているように見えて物悲しい
具体的な描写は無いが、故障前の財前には結城や伊佐敷も手も足も出なかったらしい。
純さんはともかく、今やチートと化している哲さんを完全に抑えこんでいたのは相当なもの。その実力は作中屈指かもしれない
開会式に居たことから考えると、夏の大会にはベンチ入りしているようだ。是非とも復活して欲しい所だが、一打席立つだけで足が震えてしまうようでは現在完治している可能性は残念ながら低いだろう…

初登場:第32話「打者の力量」

○佐々木

2番打者。右打
第一打席でいきなり死球をぶつけられる。スナイパー沢村の犠牲者第一号
クリスに刺されたり、次の打席ではバント失敗したりと、あまりいい所がなかった

初登場:第28話「待ってるぞ」

○黒士館高校監督

特に可も無く不可も無くといった感じのオッサン。足が震えだした財前を見た時の、辛そうな顔が印象に残る
勝手に代打に出た事にボヤキつつも、普通にサインを出して対応していた。そのくらい日常茶飯事なんだろうか

初登場:第30話「3人の捕手」

○四番打者

やられ役その1
右打ち。典型的な力まかせのパワーヒッター
いくらど真ん中に来たからといって、四球の確率が高いノーコン投手相手に初っ端から打ちにいくのはあまり良い手とは言えない。結果ゲッツーに打ち取られる
ちなみに財前の代打で下げられたのはコイツ。四番なのに…

登場回:第29話「奇策」

○投手

やられ役その2
右投げ。外角に逃げるスライダーが決め球らしいが、あっさり春市に打たれる
彼がエースではこの先勝ち抜く事は難しいだろう

登場回:第32話「打者の力量」

○捕手

やられ役その3
右投げ。投手とほぼ同じ顔、適当な…
春市に読み負けて得点を許すことに

登場回:第32話「打者の力量」
スポンサーサイト

comment form

管理者にだけメッセージを送る

comment

プロフィール

179

Author:179
生物学上は雄。
2ch脳かつニコ厨とどっぷりとネットの沼に飲み込まれている中毒患者です。
最近はニコ・pixivで地味に活動中。
お陰で完全に放置状態で申し訳ないです。

トラバ、リンクは誰でもウェルカム。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。