--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008-07-17(Thu)

ダイヤのA11巻感想

坂井先輩の選手図鑑に全俺が泣いた


表紙は倉持と兄貴。中表紙もお兄さん。さて、次は川上か、宮ちゃんか。
と言うかホントブルーハーツ好きだな寺嶋先生w
オビはウナg…巨人の阿部選手。なんか私には「こういう捕手がいるチームは強い!!」が自虐に見えてしまいます。
いや、だって阿部さん(阿部さん言うな)打撃は凄いけどリードは…。

さて、のっけから坂井先輩が描写すらなく交替させられてしまうという出オチで始まる11巻。
3巻に渡って続いた明川戦もようやく決着。
前巻までは互角以上に戦っていた明川が、本来の実力差によってジワジワと押し潰されていく姿が気の毒だなぁ。
観客の暖かい言葉が逆に心に突き刺さってしまう楊の涙は哀しくも綺麗なラストです。いいキャラだった、本当に。

そしてさらば市大三校…正直今でも悲しいのであまり何度も見たくないエピソードですね。
最後まで勝ってくれると信じてたのに…!あれ以来なんか真中さんの事ネタにし辛くなりましたし(すんな)。

しかしこの頃の雷蔵の言動はホント腹立つなぁ。真中さんナメやがってうぎぎ。丹波さん無視しやがってぐぎぎ。
今じゃちょっとウッカリさんな元・橋の下のニートマンならいぞー☆ですけど(それはお前の脳内だけだ)。
雷市の作品テイストから浮き気味な凶悪さも含めて完全に悪役ですねぇ薬師は、この印象は次巻以降で緩和されますけど。

あ、そう言えば91話ラストの真中さんのモノローグが消えていますね、あれ好きだったのに。
次の話でも似たような台詞があったのでそれと被るからかな?ちょっと分かりにくいですけど。

予想通りでしたがバットマンの収録は無し。ネットで読めるものをワザワザ載せる道理もないですしね。その分2話ぐらいスペースも空けられますし。

選手図鑑は坂井先輩と地味州白州。無しになるんじゃないかとも思ってましたが、有ってよかった。
しかし坂井先輩…。紹介文から一々苦労人らしさが滲み出していて泣けるなぁ…。
こんなに努力家な人をしょっちゅうネタにして弄くり回している輩がいるんですからもう信じられませんね!ホント!(黙れ)
しかしその涙の裏話が明らかになった巻で過去最悪の扱いを受けているのが皮肉と言うかなんと言うか…。
だったらもう少し扱いを良くしてやれよ寺っち、と思わなくもない。
それにしても「大空のサムライ」って元ネタの坂井三郎中尉じゃないかw
明川戦で交替後に左翼を守っていた門田先輩はライバルらしいです。
…って白州がライバルじゃないのかよ門田先輩。本職はレフトなんでしょうか?
稲実戦では守備がアレな降谷がいたからライト守ってただけで。

白州の方は色々とイメージ通りの選手でした。血液型がAB型とか憧れの選手がイチローだという設定も納得です。
堅実な職人タイプ、渋いぜ。まあ、それ故に地味なんですけど
スポンサーサイト

comment form

管理者にだけメッセージを送る

comment

プロフィール

179

Author:179
生物学上は雄。
2ch脳かつニコ厨とどっぷりとネットの沼に飲み込まれている中毒患者です。
最近はニコ・pixivで地味に活動中。
お陰で完全に放置状態で申し訳ないです。

トラバ、リンクは誰でもウェルカム。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。