--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008-06-11(Wed)

ダイヤのA101話 俗・さよなら坂井先輩

のちの引っ越しのサカイである(レギュラー降格的な意味で)。


グラサンが降谷の炎上フラグを見事にヘシ折ってくれました。
ここで降谷に崩れられると折角作った流れが持って行かれてしまいますし、
危険な勝負を避けるのは一番懸命な判断ですね、現実的に考えれば。
雷蔵としては完全に裏を掻かれた形に。雷市も( ゚д゚ )な顔になっています、こっち見んな。
前ページの凶悪な「クカカ」から毒気の抜けた「?」へのギャップがなんか好きです。

そんな訳で不安視していた降谷ですが今回はほぼ完勝と言っていい形に。
初回の失点も自らのバットで見事取り戻しました。三野涙目。
雷市との決着が付かなかった事に不満な読者もいるかもしれませんが、
監督の口振りから、終盤マウンドに戻って再び雷市と対戦する可能性がまだ残っています。
もっとも楊の時は勝ち逃げされたままだったので、今回も対決せずに終わる可能性もあるでしょうが、何よりお互いまだ一年ですし。

…で、当然レフトに移ると言う事は僕らの坂井「いつの間にかベンチに」先輩が退場するハメになるワケですが。
あのタイミングは気まずいな…、もはや恒例とは言え。
一年坊に自分のグラブを貸すいい人っぷりを見せてくれたのがせめてもの救いか。
グラブに書かれた「努力」が涙を誘います。
まあここまでことごとく結果が出せないとこう言う処置にも文句が言えないのも事実。
あの演出はこのままフェードアウトしていくフラグにしか見えないぞ…。
さよなら坂井先輩、骨ぐらいは拾ってやるよ(鬼め)。

ともかく早くも沢村登板。ま、予定より早いと言っても僅か1/3イニング程度ですが。
そろそろ丹波さんも始動する頃でしょう。どうでもいいけどオーラ放出中の哲さんにビビる姿の作画が酷い。
でも力押しの薬師打線ってムービングにとっての最大の敵だよなぁ…。
前回のブルペンでのgdgdっぷりを見るとちゃんと肩を作ってるのかも怪しいもんだし。
…いや、あれはあくまでも漫画的演出でちゃんと準備している事は分かっていますが。
降谷の温存っぷりから考えても、言っちゃ悪いけど今回は捨て駒扱いされてそうな気がするぜ…沈むなよ泥船。
そしてよく見ると監督の後ろで汗だくな部長は相変わらずだ。

今週のらいぞー☆も焦りっ放しでした、親バカっぷりは楽しかったけど。
どうも先週から後手後手に回ってるような気がするなぁ。そろそろ反撃してくれると思いますけど。そうでなきゃ張り合いが無い。
スポンサーサイト

comment form

管理者にだけメッセージを送る

comment

プロフィール

179

Author:179
生物学上は雄。
2ch脳かつニコ厨とどっぷりとネットの沼に飲み込まれている中毒患者です。
最近はニコ・pixivで地味に活動中。
お陰で完全に放置状態で申し訳ないです。

トラバ、リンクは誰でもウェルカム。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。