--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008-03-08(Sat)

ダイヤのA・キャラ辞典7

明川戦の結果を踏まえて更新。
坂井先輩の勇気が青道を救うと信じて…!

○坂井一郎(左翼手)

レギュラーの中ではバツグンの扱いの悪さを誇る男。おまけにビジュアル的にも人気出なさそうな顔、まさに踏んだり蹴ったり。
なにしろ今まで活躍と言える活躍は打撃は米門西戦での犠牲フライのみ、守備機会はゼロ
さらに毎回終盤に降谷と交代させられてしまう、そこまで信用無いのか(ありませんでした)、
とりあえず村田東戦では最後まで出場できていた、よかったね先輩。
ユニフォームを渡された時に涙ぐむ姿が印象に残る。
こんな扱いでも名門校でレギュラーを取っている時点で勝ち組とも言える、きっと今まで相当苦労してきたのだろう。
…とか思ってたら明川戦で強引にライナーに飛び付いて逸らしてしまうという、
フォローの仕様のない大ポカをやらかしてしまう
更にその後、汚名返上しそうな描写を臭わしておきながら、
なんと一コマも打席に立つ様子を描かれないままアッサリ春市に代打を送られてしまう(無論ノーヒット)。
こうなると作者も狙ってやっているような気もするが、
明川戦中、丹波さん分に飢えていたネタキャラ愛好家(私含め)がこんな美味しいネタに飛び付かないはずもなく、
一躍、人気者となったのであった。
こうして「扱いの悪い人」から「役立たず」に格下げ(そこ、「-10が-50になっただけだろ」とか言うんじゃない!)となってしまった坂井先輩。
彼の未来は果たしてどっちだ!?

そして仙泉高校との試合ではとうとう鵜飼監督から「楽に勝負できる相手」と扱われ、
相手のファインプレーもあり「最低限の仕事すらできない」キャラに…。
彼の選手図鑑は色んな意味で泣けるので必見。
薬師戦で降谷にグローブを貸すシーン。書かれた文字の「努力」が涙を誘う。

初登場:第9話「気まずい時間」
フルネーム判明は第41話


○白州健二郎(右翼手)

こちらは攻守に渡って地味ながらも渋い活躍をしており、読者的にも「好選手」といった印象がある。来年は2番辺りに昇格できそうだ。
影が薄いのか、沢村に名前を忘れられていたり、出塁しているのをスルーされた事がある。
試合以外では殆ど描写は無いが、敢えて言うなら、リリーフを任された川上の肩を叩いて励ますシーンか。地味キャラ同士頑張れ。
明川戦ではスクイズを阻まれたり、チャンスで凡退したりといいとこ無し。
とは言え、スクイズ失敗はむしろ楊のフィールディングが素晴らしかった描写であり
何よりも坂井先輩(笑)のアレっぷりに比べりゃこの程度のミスぐらいカワイイもんだ。

最近は影が薄く、紙面に写るのがレアという状態に。

初登場:第41話「まずは足腰から」
スポンサーサイト

comment form

管理者にだけメッセージを送る

comment

プロフィール

179

Author:179
生物学上は雄。
2ch脳かつニコ厨とどっぷりとネットの沼に飲み込まれている中毒患者です。
最近はニコ・pixivで地味に活動中。
お陰で完全に放置状態で申し訳ないです。

トラバ、リンクは誰でもウェルカム。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。