--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008-03-08(Sat)

世界樹の迷宮Ⅱプレイ日記・その3

※盛大に五層のネタバレを含んでいます。


今回は23Fクリアまで。
この階は雑魚敵と遭遇しない代わりにとにかくFOE祭り、前作の四層ボスを彷彿させるようにワラワラと…。
クリアのため倒す必要は全く無いので躱して進むべし。

現れるFOEは三種類。
まずは21Fでもうろついていた漆黒の魔騎士。
見た目通り攻撃力と防御力が高く、全体攻撃+即死効果の死の黒刃を使ってきますが
腕を縛れば無力なので月影ブシドーが殲滅に活躍してくれました。あとこの手のはがねタイプは全て雷が弱点。
ちゃんと対策していれば問題無し。雷の術式&雷曜突き&サンダーショット+チェイスショックおいしいです。
普段は巡回型ですが視界に入ると追跡するタイプ。近くで戦闘があっても乱入してくるので注意。
とは言え威嚇射撃などで足止め出来るので躱すのは簡単。問題は赤FOEの緋緋色の剣兵。
漆黒の魔騎士の上位置換といった感じですが強さはケタ違い。
3~6回連続攻撃の殺戮の光刃をマトモに食らえばパーティ全壊、良くて半壊。ジャガーさんより破壊力があるのはナイショだ。
オマケにやたらめったら硬いです。例によって腕縛りが有効ですが、倒すのに手間取っている内に縛りが解けてしまう事が多々。
ちなみに3ターン以内に倒すと手に入るレアドロップは最高クラスの剣(値段も)の材料になるので、早めに手に入れておきたいところ。
が、硬いので普通にやっても到達時点では3ターン以内はキツい、ってか無理。
そこで登場するのがダークハンター。核熱なり何なり全力で攻撃を打ち込んで何とか半分までHPを減らしてジエンド。
これが一番手っ取り早い方法かと。バックアタックすれば剣兵にターンが回るのは一回だけですし。その一回ででライトセーバー振り回されたらそんときゃあそんときです。
移動タイプは動きはその場で動かず、四歩歩くごとに方向転換するというもの。視界に入ると追跡。
が、追跡型にも関わらず、マキシマム仮面魔騎士とは違い足止めが効かないので要注意。

そんなわけで一度ライトセーバーでぶった切られたものの、さくっと扉までたどり着きます。
ボス部屋前にワンサカ出てくる銀盤の監視者はひたすら全体縛りを連発してきますが
能力はその辺の雑魚レベル。ノーダメージで倒せない方が珍しいです。一体だけ倒して後は威嚇射撃で足止めして通過。
そして真打ち、ジャガーノートさん。ジャガーとか言うわりには暴れ野牛の進化系っぽい見た目ですが。
攻撃の強さは言うまでもなく、物理耐性が高く、跳弾でもロクなダメージが与えられません。
オマケに致死性の物理カウンターを使ってくるなど、とにかく脳筋パーティ殺し。
ああっもう凄いよこの王者の爆進…オクレ兄さん!!
…死ぬかと思った、なんとか勝ちましたけど。そもそもウチは属性攻撃取り揃えてますし。

二軍育成に専念している金ケミ先生の代わりにパーティに入れているブシドー(おかっぱ)がかなり役に立ってくれています。
月影の腕縛りが優秀、腕技は強力な攻撃が多いですし、相手が腕技を持っていなくとも攻撃力の大幅ダウンが狙えるだけでも十分。
紙装甲と良く言われますけど、専用装備でガチガチに固めているのであまり死にませんし。
スポンサーサイト

comment form

管理者にだけメッセージを送る

comment

プロフィール

179

Author:179
生物学上は雄。
2ch脳かつニコ厨とどっぷりとネットの沼に飲み込まれている中毒患者です。
最近はニコ・pixivで地味に活動中。
お陰で完全に放置状態で申し訳ないです。

トラバ、リンクは誰でもウェルカム。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。