--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008-03-28(Fri)

チャンピオン17号感想(縮小気味)

○ギャンブルフィッシュ
あ、やっぱり裏があった。
こうなるとアビーと親戚という設定もうさん臭くなるなぁ。
どっちにせよ美華さんが大人気なかった事には変わりねーけどな!

それにしても美華さんはすっかりデレモードですね。髪下ろした方が年齢詐称してないように見えます。
しかし年頃の男の部屋にあんな格好で来るとか、どう見ても夜這いです、本当に(ry
美華さんにその気はなくとも、トムはともかく金魚のフンAは危険だ、今週も興奮状態だったし。
まあその危険分子は「外で胞子でもまき散らしてらっしゃい」と言われて階段で黄昏ていましたが。
でも同情はしない。「毒キノコ」から「キノコさん」に呼び方が戻っただけでもありがたく思いやがれ!
…回を重ねるごとにオヤジ度が上がってるなこの菌類。

しかしトムは色仕掛けには無反応なくせに、純粋に好意を寄せられるのには弱いのね。
しかしエミリーも相当な演技派だなぁ。トムに何も気付かせなかったとは
…とは言ってもビッチの正体に気付かなかったり、割とトムの目はfusianasanだったりしますが。
で、エミリーは何が目的でトムの部屋に来たんだ。夜這いか、やっぱ夜這いなのか。
既成事実を作って社会的に身動きが取れないようにするつもりなのか、夜の漢字る授業でもすr
駄目だよ兄貴!エロい考えしか浮かばねぇ…!

more...

スポンサーサイト
2008-03-26(Wed)

ダイヤのA91話 真中ボーイゴーゴゴー

もうしまで小学館漫画賞受賞の様子が描かれていましたね。
副賞120万を全て景品のために使うとは…。寺嶋先生の人柄の良さがよく伝わってきました
合作は来週ですか、ダイヤで金髪キャラは…金丸とか財前か?

more...

2008-03-25(Tue)

暇じゃないけど川上書いてみた

木曜日は予定が入っているのでチャンピオン感想は(ry

川上3
最近は美化著しいですが私の中では彼は三白眼キャラです。
明川戦で持ち球が明らかになったので、10巻では選手図鑑に載せてくれるはず…!


下書きは紙に描き、それをPCに取り込み加工する作業を取る事で
大分効率が良くなった気が。ついでにツールもマトモな物に変えましたし。

拍手でタンバリアン検定を所望して下さった方がいるので(もしかしたらよく覗いているダイヤサイトの人かも知れない)
なんとか期待に応えようと模索中。
…とりあえず賞状でも作ってみるかな。
2008-03-21(Fri)

チャンピオン16号感想

どうも文全体に取り消し線が入っていたようです
携帯から投稿してると時々やってしまうんだよなぁ…
指摘して下さった方、ありがとうございます

テニスの王女様ギャンブルフィッシュ
なんだ、分身したり相手を観客席まで吹っ飛ばしたりはしないのか、テニスなのに。
とりあえず美華さんの大人気なさが炸裂した回でした。
自分の得意ジャンルで勝負を挑んだ挙句負けかけるとは…。だせぇ。
そう言えば朝比奈さんの時も素人のトムに圧倒的不利な条件を突き付けてきてたな、このミルク飲み人形。
「なうっ!!?」とネタキャラの象徴とも言えるセリフを吐いてまでいますし。もう駄目だこの人…!
それにしてもネットに出る時の顔がおっかなすぎる。こんな ゲームに まじに なっちゃって どうするの。
…ナイスピエロだ美華さん
この先獅子堂学園がどんな強敵として立ちはだかったとしても…
キミはただの色モノであると思い続けるよ

ピエロと言えば月夜野さんと菜摘の姿が見えませんけど、付き合いきれず帰ったんでしょうか。
毒キノコは相変わらずきっちりポジションを確保していますけど。
そしてエミリーの実力の片鱗が明らかに、窮地に追い込まれるほど強くなるという
トムと似たようなプレースタイルですね。
どうも今までの対戦相手とは毛色が違うような気がしますが、やはり本当に何も裏は無いのだろうか…?
今週見せたファイトも演技とはとても思えませんし。
もし敵対することになるとしたら相応にショッキングな展開になりそうですね

○覇道
すごく…昭和の香りです…。冒頭一ページを見て戦国武将の魂が現世の人間に乗り移ったとかそんな感じの話かと思いましたが、別にそんな事は無かったようで。
大ゴマが多いからか、ネームがスッキリしているからか、読みやすい事は読みやすい。
「オメーを…認めた!」などのノリは好きです。
しかし最後の煽りがどことなくGガンっぽいような気がしますが。賭魚と同じ担当なのか?

○バキ
剣持君を襲った悲劇。
「全国優勝の経験は無い」とか「法に触れないように」とか
持ち上げてるように見えて密かに剣持君のカマせっぷりを引き立てている紹介文が素敵。
あー、で、結局彼は食われたんでしょうか?
まあピクルは向かってくる者しか襲わない(性的な意味でも)なので大丈夫だと思いますが。
クラッシュボウルに加え全身コキコキされてこの先マトモに生きていけるかどうかは知りませんけど

more...

2008-03-19(Wed)

ダイヤのA90話 綺麗にホームラン打たれただろ、カマセ犬なんだぜそれ

ゆっくり
アダ名にすら死臭が漂う真中さん…。

そういえば今週のチャンピオンは水曜日発売でしたっけ。スッカリ忘れてました。
書き上がり次第アップすることにします。どうやら明日になりそうですけど。

more...

2008-03-18(Tue)

暇だったので丹波さん描いてみた

水曜日・木曜日はバイトが入っているので
更新は夕方以降になると思います。ご了承下さい。

丹波さん
所要時間:3時間

影のつけ方などは「試したいボールがあるんでな」のコマを参考にしています。
描いてる最中は「こりゃイケる!」と思ったんですが…。
いざ出来上がってみると足りない、何かが足りない。
別にハードルを高くしている訳ではありませんが、
それでも他のPCイラストとは決定的に何かが違うような気が…。(その前にサイズでか過ぎ)
線が汚いからなのか、強弱がついてないからなのか。
これじゃあ手書きと大して変わらないような…。

と、そう思ったので紙にも描いてみました。
20080318221208.jpg
所要時間:15分

ペンタブ使う意味無ぇ!(主に時間的な意味で)
…ま、こっちも下手と言われてしまえばそれまでですが。ついでに言えば殆ど模写なんですけどね。
どのコマがモデルか分かった人にはタンバリアン検定1級の資格を授けよう。嘘です。とりあえず他のイラストサイトの技法をパク…参考にしてみます。


…どうも自分語りとなると自虐的&愚痴っぽくなってしまうなぁ。
こんなウジウジした文は見るほうもいい気分になれるとは言い難いでしょうし、今後気をつけます。
2008-03-17(Mon)

世界樹の迷宮プレイ日記

どうでもいいけど
おっさんパラ・毒爺・髭ブシ・マタギ・白カスメの熟年パーティは結構バランスが良いと思うんだ。
何?回復がマグスじゃ心許無い?
なら代わりにメディ姉でm(ゴシャン

今回もネタばれ注意。

more...

2008-03-17(Mon)

ダイヤのA・キャラ辞典19(明川)

○尾形一成

常に丁寧語。選手にも丁寧語。驚いた時も丁寧語。モノローグでも丁寧語。
「ぜったいにゆるさんぞ虫けらども!!!!!」とフリーザ様の如くブチ切れる…事はない。
降谷対策にしろ、日々の練習方法にしろ、自分達の身の丈に合った事を確実に固めている印象があり、好感が持てる。

初登場:第69話「精密機械」
フルネーム判明は71話

○楊舜臣(投手)

監督には敬語を使っているのに先輩には呼び捨て&タメ口名失礼極まりない男。たまにデンパ。ユーミン大好き親日家
そのポーカーフェイスっぷりから、周囲と壁を作っている一匹狼かと思われたが、ところがどっこい日本の野球とチームを愛するナイスガイだった。
策士タイプにも見えるが、本質的には追い詰められるほど喜ぶドМ野球馬鹿。
自国の選手が日本の投手に抑えられるのを見ても、恨むことなく、むしろ憧れを抱くのは相当人間が出来ていると思う。
決して油断せずしっかりと青道を警戒していたが、降谷に対してのみ妙に辛辣だった。
結局投げても打っても降谷に完勝し、自らの正しさを証明したが、沢村にはアッサリ打ち取られる。

初登場:第68話「快進撃!?」

○白鳥(右翼手)

4番だが、降谷に対する反応を見る限り、彼よりも楊の方が打撃が良さそうに見える
とは言え一打席目は完全な待球による見逃し三振、ちゃんと打ちにいっていれば結果は変わっていたのかもしれない。
…結局試合では全く見せ場が無かった。4番なのに…キャプテンなのに…。
仮にもキャプテンなのに、親に「早く野球辞めろ」と言われているのが気の毒。

初登場:第69話「精密機械」
名字判明は73話(名字自体は70話で登場、ただし顔は映らず)

○二宮(中堅手)

1番。通称ニノ。やはり白鳥と同じく親に野球を反対されている
お調子者な性格。楊以外ではキャラが立ってる方。
四球で出塁し、先制のホームを踏む。

初登場:第69話「精密機械」
名字判明は73話(名字自体は69話で登場、ただし顔は映らず)

○橋本(三塁手)

2番。今一つ顔が安定しない、と言うか出る度に若返っている、これなんて川上?

初登場:第71話「海を渡って」
名字判明は73話(名字自体は69話で登場、ただし顔は映らず)

○対馬(二塁手)

6番。右投左打。試合前に白鳥・二宮・橋本と並んで紹介されていたが、試合では兄貴のライナーを好捕した以外は
地味に二度ほどチャンスを潰していたり、倉持の足の速さに焦ってゴロ処理のミスをして、青道勝ち越しのキッカケを作ってしまったりと、損な役回りが多かった。
主力打者の後ろの打順という漫画的に不利な三太郎ポジションだったので仕方がないのだが。

初登場:第71話「海を渡って」
名字判明は73話

○大西(遊撃手)

背番号6。右投左打。3番打者。三白眼。
明川で一番空気な男。打撃でも守備でも全くと言っていいほど出番が無かった。

初登場:第74話「降谷攻略」(名字自体は70話で登場、ただし顔は映らず)

○国見(一塁手)

背番号3。右投左打。7番打者。タラコ唇。
割とセリフと出番が多く、目立つ男。

初登場:第74話「降谷攻略」

○関口(捕手)

背番号2。右投右打。8番打者。ゴリ顔。
コントロールが生命線の投手は捕手のリードが重要…な筈なのだが、どうもサインも楊が出しているようなので、存在感が無い…。

初登場:第74話「降谷攻略」

○高田(左翼手)

背番号7。右投左打。9番打者。七三デコ。
レフトで9番とショボイポジションの割には、哲さんの打球を(偶然)ミラクルキャッチしたり
バントの構えで揺さぶりをかけて出塁し、降谷が降板するキッカケとなったりと、活躍が多い。
御幸の打球の処理を失敗しているところをみると、大して野球が上手いというわけではなさそうだ。
ちなみに初登場時のメンバー表の顔の潰れっぷりが酷い。話が進むにつれて可愛げのある顔になっていったが。

初登場:第74話「降谷攻略」
2008-03-17(Mon)

雑記

bisuta.jpg

なんとかフルセット&不安の種の感想を追加出来て一安心。通常より大幅に遅れた事は猛省しております。
さあ次は辞典と停滞している世界樹日記だ…。
最近は「薬師校」や「橋の下のバットマン」で検索して来る方が多いですね。
ウチのブログなんか見ても読み切りのめぼしい情報なんざ一切ありませんけどね☆
(むしろこっちが知りたい)

それはともかく、先日パソコンを買い換えました。前のPCは相当ガタがきていたので。
そしてそのおかげでペンタブが使えるようになりました(前のPCのスペックでは使用不可だったので)。
これでようやく予てからの望み、「PCでイラストを描く」が実現できる…!

で、その勢いで描いたのが↑な訳ですが…。うん、沢村のつもりなんだ、すまない。
いや、言わんとする事は分かります、分かりますからそんな目で見ないでぇぇぇ!。
(こんな落書きでも完成させるのに半日掛かったなんて言えない…)

ま、分かっちゃあいましたが、やっぱりそう簡単に描けるようなもんじゃないですね。
マウスよりは格段にスムーズですけど。
感想を始めた時もそうでしたけど、同じジャンルに挑戦してみて初めて分かる先人の凄さと言うかなんと言うか、
それをしみじみと痛感しております。
元々ペンタブは持つだけで絵が描けるようになる魔法の筆でも何でもないんですし
ゆっくり練習を積んで、いつかマトモに絵を描けるようになるまで精進するつもりです。
あわよくばブログの幅を広げられる事を願って。
2008-03-14(Fri)

ダイヤのA@ニコニコ動画②

チャンピオン感想はグズグズしていたくせにニコ動の記事はすぐに書けてしまう私は死ぬべきでしょうか。



あれ?ダイヤってアニメ化してましたっけ?
ひっどいなぁ、誰も教えてくれないなんて・・・。

いやもうこれ凄過ぎてくぁwせdrftgyふじこlp;@:「」
・・・いつもの人がまたやってくれました。もはや神と呼ぶことすらおこがましい。
以前のカラー版は神動画には間違いないのですが、テロップが表示されてなかったり、
不満点が無かったわけではないです
(それでもその圧倒的クオリティの前にはそんな問題は些細なものでしたが)。
この動画はそれを解決、元動画と同じような動きになっている上に、サビの部分がさらに進化しております。
あ、ちなみに新規で追加された画像は以前のカラー版作者さんの書き下ろしだそうです。
いや~眼福眼福。

それにしても勿体無いなぁ、所詮ダイヤはニコ動ではマイナージャンル。
もっとメジャーなジャンルだった余裕でランキング入りですよこんなの。

しかし折角の動画をカクカク表示してブチ壊しにしてくれるウチの低スペックPCが憎いっ‥‥!
たいがいにしないとジャンクにすっぞこのポンコツ機械め。
早いところ買い換えたいなぁ・・・このままじゃ折角買ったペンタブも使えませんし。
2008-03-14(Fri)

チャンピオン15号感想

マズい、ひっじょーにマズい。
日を跨いだ挙句こんな時間になってしまうとは…
このままじゃ今後も更新時間がズルズルになってしまう…
人間、一度ラクをする事を覚えてしまうと習慣化してしまいますから。
来週までにはペースを取り戻さないと…

○ギャンブルフィッシュ
美華さん復活ッッ
見開きだけならまだしも顔アップは反則だろうに…。
しかししばらく見て無い間にまた熟したオーラが復活してますな。
「低俗」だの「乱恥気」とか言ってるけど
自分もハレンチな格好してますぜ美華さん。止めに来た割にはノリノリじゃないスか。
折角白鷺家と獅子堂家の因縁が明かされたというのにライバルの威厳のカケラもありゃしないなぁ。
とりあえずマトモなライバルは「性なる夜」なんて勘違いはしません。この耳年増め、耳以外も年増ですが。
この様子だとアビーの「ミルク飲み人形」発言もあらぬ方向に解釈していたに違いない。
それにしても帽子を取って制服着たエミリーが物凄く新鮮、個人的にこっちの方が好み。
完全にただのエロ親父と化してるサタデーナイトフィーバーな毒キノコ。中学生に見えなーい!(内面的な意味で)
そして予想通りの月夜野さんと菜摘の負け犬っぷり…。
特にもはや何をやってもピエロにしかならない月夜野さんには
もののあはれを感じさせます。なんかもうトムと戦ったのは双子の姉だったんじゃないかと。
そして実にどうでもいい理由で美華さんVSエミリーのキャットファイトが勃発!
この展開は予想外。このまま済し崩し的にエミリーとの勝負の土台が出来上がりそうな気も。

○バキ
ピクル脱走。麻酔で眠らされた後、シェルターを破壊と
かつての勇次郎と同じ行動をとっていますね。
これから格闘家達が街中でピクルに襲われる展開になるんでしょうか。
襲われるのは女性という可能性も(ry

more...

2008-03-12(Wed)

ダイヤのA89話 市大三校終了のお知らせ

ID:sekaijukinsi
世界樹のプレイ記事がまとまらねEEE!!
ゲーム自体はとうの昔にダンジョン制覇しているというのに…
あ、しかもまだ辞典も坂井先輩のところしか更新してなかった。
誰か、誰か時間を…!

とりあえずWii買ってきます(駄目だこの管理人…早くなんとかしないと…!)

more...

2008-03-08(Sat)

ダイヤのA・キャラ辞典7

明川戦の結果を踏まえて更新。
坂井先輩の勇気が青道を救うと信じて…!

○坂井一郎(左翼手)

レギュラーの中ではバツグンの扱いの悪さを誇る男。おまけにビジュアル的にも人気出なさそうな顔、まさに踏んだり蹴ったり。
なにしろ今まで活躍と言える活躍は打撃は米門西戦での犠牲フライのみ、守備機会はゼロ
さらに毎回終盤に降谷と交代させられてしまう、そこまで信用無いのか(ありませんでした)、
とりあえず村田東戦では最後まで出場できていた、よかったね先輩。
ユニフォームを渡された時に涙ぐむ姿が印象に残る。
こんな扱いでも名門校でレギュラーを取っている時点で勝ち組とも言える、きっと今まで相当苦労してきたのだろう。
…とか思ってたら明川戦で強引にライナーに飛び付いて逸らしてしまうという、
フォローの仕様のない大ポカをやらかしてしまう
更にその後、汚名返上しそうな描写を臭わしておきながら、
なんと一コマも打席に立つ様子を描かれないままアッサリ春市に代打を送られてしまう(無論ノーヒット)。
こうなると作者も狙ってやっているような気もするが、
明川戦中、丹波さん分に飢えていたネタキャラ愛好家(私含め)がこんな美味しいネタに飛び付かないはずもなく、
一躍、人気者となったのであった。
こうして「扱いの悪い人」から「役立たず」に格下げ(そこ、「-10が-50になっただけだろ」とか言うんじゃない!)となってしまった坂井先輩。
彼の未来は果たしてどっちだ!?

そして仙泉高校との試合ではとうとう鵜飼監督から「楽に勝負できる相手」と扱われ、
相手のファインプレーもあり「最低限の仕事すらできない」キャラに…。
彼の選手図鑑は色んな意味で泣けるので必見。
薬師戦で降谷にグローブを貸すシーン。書かれた文字の「努力」が涙を誘う。

初登場:第9話「気まずい時間」
フルネーム判明は第41話


○白州健二郎(右翼手)

こちらは攻守に渡って地味ながらも渋い活躍をしており、読者的にも「好選手」といった印象がある。来年は2番辺りに昇格できそうだ。
影が薄いのか、沢村に名前を忘れられていたり、出塁しているのをスルーされた事がある。
試合以外では殆ど描写は無いが、敢えて言うなら、リリーフを任された川上の肩を叩いて励ますシーンか。地味キャラ同士頑張れ。
明川戦ではスクイズを阻まれたり、チャンスで凡退したりといいとこ無し。
とは言え、スクイズ失敗はむしろ楊のフィールディングが素晴らしかった描写であり
何よりも坂井先輩(笑)のアレっぷりに比べりゃこの程度のミスぐらいカワイイもんだ。

最近は影が薄く、紙面に写るのがレアという状態に。

初登場:第41話「まずは足腰から」
2008-03-08(Sat)

世界樹の迷宮Ⅱプレイ日記・その3

※盛大に五層のネタバレを含んでいます。

more...

2008-03-06(Thu)

チャンピオン14号感想

○ギャンブルフィッシュ
獅子堂学園に現れた転校生、大統領すら動かせる大富豪の令嬢、その名はエミリー=ドーン!
空から飛行機で降りて来るというお約束な登場に、隙を見てパンチラを加える山根先生のプロ根性がステキだ。
ところで使用人の中にダルシムや手塚先生がいたのは気のせいですか。
しかし出て来るだけで生徒が逃げるアビーはゴキブリかなんかか。
そのアビーと実は従兄弟同士が結婚している親族だったエミリー。
むしろあの人外に血の繋がった親族がいたことに衝撃、従兄弟って事は親がいるんだよなあ…。
まあ最後のコマを見る限りそもそも親戚同士と言う話自体が嘘という可能性もありますが。
エミリーが一目惚れしたってのも怪しいもんだ、対決する事は分かりきってますし。
だが「ニポ…」や困り顔が可愛かったので良し!
しかしこの場に菜摘や月夜野さんがいたらとんでもない修羅場になっていたところですね、マジで。
しかしロシアンルーレットネタはここで使ってしまったか…。
まあサンデーの漫画と被りますからねぇ、あちらも最近面白いですし。

噂をすればなんとやらで、次回「獅子堂の薔薇」登場だとか。ホント読者が完全に忘れ去った頃に出てくるな…美華さん。
さて、また元通りケバくなってるのか、それとも若返っているのか。

○悪徒
な、なんて強烈なチャンピオン臭だ…。
いや、正直言って連載前は全く期待してなかった(つーか興味がなかった)のですが、これは素晴らしい、俄然気になる漫画になりました。
不良だけど真面目に勉強したりする陽虎のキャラにも好感。
しかし毎回舞台を変える設定なのか…。
メガネ君や改心して味方になりそうな藤沢さんは良さげなキャラなので勿体ない気も。

more...

2008-03-05(Wed)

ダイヤのA88話 さらば楊舜臣

ふう、今週は早めにアップが出来ました。さあ世界樹を再開だ。(←懲りない)

あ、それと明川戦も終わって区切りが良いので近い内にキャラ辞典を修正する予定です。
青道にもこの試合で印象が変わった選手が多いですし、●井先輩とか…。

more...

2008-03-05(Wed)

世界樹の迷宮Ⅱプレイ日記・その3

※一部ネタバレ注意!

探索は23Fに突入した所で一時中断。今はサブメンバーの育成に本腰をいれています。
この階層はアルケミストを使えば絶好の稼ぎ場になるので、ここに来て金ケミ大活躍。レベルも他のメンバーに追いつきました。
ストーリー再開するとまたのめり込み過ぎて漫画感想の更新に響きそうなのでしばらくは地道に狩りを続けることにします。

ついでに「Ⅱ」の新要素について個人的感想を述べさせていただきました。↓

more...

2008-03-04(Tue)

世界樹の迷宮Ⅱプレイ日記・その2

※一部ネタバレ注意!



五階層突入。
…って四層のボス弱っ!ゴリ押しで普通に倒しちゃったよ…

相変わらずチマチマと探索しつつ二軍メンバーを育成中。30レベル以下のメンツばかりなので、戦力としては期待できないと思っていましたが、思わぬ所で役に立ってくれています。
ピンチの時にパラディンのガードやバードの歌で救われたり。
ブシドーが強敵FOEの腕を縛ってくれたり…。


今回、階を一つ上がるその間に、パーティのカースト制に大きな変化が。
まずザミエルボウを購入したレンジャーが鬼神のごとき攻撃力を発揮。
パワーショットで柔い敵は速攻で葬り去ってくれるように。相変わらずすぐ死ぬけど。
割を喰ってパーティ内の火力3位に転落してしまったのはソードマンさん。
4位&5位は戦闘力たったの5のゴミメディ子とレベルの低い二軍メンバーなので実質最下(ry。
序盤は他のキャラの倍近いダメージが出せたというのに…
それでも攻撃の速さとタフさによる安定感は抜群なので外していないのですが。
そして最も悲惨なのはアルケミスト。通常術式の火力不足の為雑魚戦での運用が難しく。
最近は育成中の二軍メンバーと入れ替えでもっぱらギルドお留守番。
オマケに彼が活躍してくれるFOE戦は経験値が入らないので。
他のメンバーよりレベルが大きく離されているという状態に…。一人でキマイラと魔神を爆殺して鍛えるか。
ガンナーとメディックは変わらず安定。と言うかガンナー強力過ぎて外せねぇ…。
2008-03-03(Mon)

世界樹の迷宮Ⅱプレイ日記

現在四階層。サブパーティを育成しつつ20Fに突入
この層はⅠプレイヤーには懐かしいモンスターが多いです。
というか前作の低階層モンスターが後半に出てくるって、ハイラガのレベルってエトリアより低(ry
…まあ感慨深くなっている暇は当然無いのですけど。やめてエトリアの悪夢やめて。

ちなみに現在のスタメン

○前衛
◆ソードマン♂(青)
剣ソド。高い体力と攻撃力、行動速度をもつパーティの支柱。…爆発力には欠けるが。
彼を抜かすと前衛の防御が壊滅的になるため、滅多な事では外せない。
その為レベルは常にチーム最高をキープ。
◆レンジャー♀(眼帯)
アザステ&警戒歩行万歳。アタッカーとしてもそこそこ優秀、でもやっぱり地味。すぐ死ぬ。
○後衛
◆メディック♀(ロリ)
回復スペシャリスト。攻撃能力は皆無なので戦闘ではカメと化している。
◆ガンナー♂(ショタ)
最優秀アタッカー。属性、必中、全体、連射、補助と何でもござれ。
正直言って反則スペック。行動速度に欠けるのが唯一の欠点か。
◆アルケミスト♂(金髪)
最近火力がガンナーに露骨に劣ってきたのが気になるが、ココ一番での爆発力はピカイチ。
どの全体術式を覚えるか悩んでいるため、S
プロフィール

179

Author:179
生物学上は雄。
2ch脳かつニコ厨とどっぷりとネットの沼に飲み込まれている中毒患者です。
最近はニコ・pixivで地味に活動中。
お陰で完全に放置状態で申し訳ないです。

トラバ、リンクは誰でもウェルカム。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。